MTGの『ブルームバロウ』の統率者は、ゲーム終了寸前でも活気を誇る統率者です! – マジック:ザ・ギャザリング

mtgrocks

【MTGRocks】記事情報:MTGの『ブルームバロウ』の統率者は、ゲーム終了寸前でも活気を誇る統率者です!

『ブルームバロウ』のスポイラーシーズンが始まり、可愛らしいクリーチャーと興味深いタイプサポートが満載のセットが登場します。
統率者デッキを構築するための未開拓のクリーチャータイプに注目している方にとって、この機会は見逃せません。

今回は『ブルームバロウ』の4つのEDH構築済みデッキの顔となる統率者が明らかになりました。
攻撃的なアライグマの伝説からカードドローを行うウサギのジェネラルまで、これらの統率者は強力な能力を備えています。
それぞれのデッキがどのようなものか見てみましょう。

要点解説

  • 「茨の吟遊詩人、べロ」

    • 「動き出した兵隊」統率者デッキの顔。無用なアーティファクトをアタッカーに変える。
    • 複数のアーティファクトやエンチャントトークンを生成するカードと相性が良い。
    • トークンが速攻を持つため、突然の一斉攻撃が可能。
  • 「根花のヘイゼル」

    • トークンをマナ源として活用し、エンドステップにトークンをコピーする能力を持つ。
    • 特に「リスの将軍、サワギバ」とのシナジーが強力。
    • 大量のマナを生成し、X呪文でゲームを終わらせることが可能。
  • 「渓間の声、ジニア」

    • クリーチャー呪文のETB能力をコピーするか、多数の1/1クリーチャーを生成するデッキに向く。
    • 1/1クリーチャーやトークンを生成するカードと組み合わせると強力。
    • オーラ・装備品戦略にも適しており、統率者ダメージの脅威となる。
  • 「バンブルフラワー夫人」

    • 「友好の印」デッキのリーダーとして活躍。
      1ターンに2つの呪文を唱えることでデメリットを打ち消す。
    • 複数人ゲームでは、政治的な駆け引きに利用可能。
    • 「息詰まる徴税」などのカードと組み合わせて、相手にドローさせることでさらなる価値を引き出す。

まとめ

『ブルームバロウ』のスポイラーには、興味深い新旧のメカニズムが再登場しており、スタンダードや統率者での使用が期待されます。
特に、「茨の吟遊詩人、べロ」と「根花のヘイゼル」は非常に強力な統率者として注目されていますが、他の統率者もユニークなプレイパターンを提供しています。
『ブルームバロウ』のセット全体が魅力的で、新たなデッキ構築の可能性を探る絶好の機会です。

MTGRocks様にて記事が公開されました。
MTGRocks様の記事をチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました